森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
【カバーのカバー】EDEN -MEIKO V1
EDEN -MEIKO V3 Straight / Dark-のMEIKOV1バージョン作ってみましたよ。
バックコーラスのKAITOもV1に置き換えたけど英語パートしかない。
英語の音声記号を日本語空耳に直すのがクッソ手間だった。
何せV1には「歌詞流し込み」機能が無いのでノート1音ごとに打ち変えていくのだ。

V1バージョン


V3バージョン


MEIKOV3版の方が良くも悪くも若く聴こえる。

MEIKOV1って「しょ」が「そょ」って聴こえるのが惜しいんだよな…
しかし直す気は起きない(おぃイ?)
守護天節とフシギな舞踏会
守護天節とフシギな舞踏会(ハロウィンにあたるもの)
季節イベントでIDは初めての試みでしたね。
FATEを強いられる系よりも純粋にイベント楽しめました。
※謎解きアトラクションなので戦闘なしです

貰える上着がオサレでミラプリの汎用性高そうです。
GW-20161107-053648.jpg
ヒューランスカートと合わせて違和感無し。
リテイナーに着せてニヤニヤしてもいいかもしれない。

そしてズボンにもあわせやすい。
GW-20161107-053800.jpg
ひらひらしたドレスに飽きてきたなら男装風にしてみても。
どこぞのバーの女主人とかそんな感じにも見えるし。
つづく
星唄の例のシーンのBGMを差替えてみた
元ネタはこちら

光の戦士にさせられかけたヴァナのMoritoであったが
例のシーンのBGMをFF14のものに差替えてみたお^^



セカイカンガーな人はブラウザバックして、どうぞ。
FF11もFF14もやったことない人なら違和感なくみられる内容かなと思いました。
両方の世界観を知っているとヴァナ・ディールの冒険者が異世界エオルゼアに召喚された気分になれますが。
オニオンナイト2
なんで某猫がアラガントームストーン週制限集めるの早いのかわかったよ。
タンク即シャキうめぇ!!


ルーレット回してるとうっかり解放済み初見の討滅戦でMTやる羽目になったりするけどそれを含めてうめぇ。
タンク職には8人コンテンツ参加回数のアチーブメントあったりするしね。
なんで他のロールにはないんだろうか。

レイドファインダー対象の極コンテンツ以外なら下手くそなりに野良できるようにはなりました。
ナイトは上げ終わったので現在戦竜吟あたりのレベル上げ中。
つづく
オニオンナイト
このミラプリではどうみてもたまねぎ剣士なのだがナイト。

たまねぎ2

フレのレベル上げとメインクエスト付き合ってたらナイトレベル60到達していましたとさ。
いつもソーサラー視点で回っていたダンジョンを自分が引率するのは新鮮でしたね。
ほぼCFで上げてますが予習しないので開幕ウロウロするのは仕様です。

タンク自信ない人へ
IDは割と適当にいっても何とかなるので怖がらなくていいと思います。
24人レイドでBアラにあたっても、DPSがFAとらない限り割と適当でもどうにかなる!
極蛮神とかになるとデバフでMT交代とかあるやつは難しいのかもしれないwフェーズで固定位置決まってるやつとか…一定の時間になると地面がなくなるとか、即死ダメージの攻撃をよけながらタゲ固定するとか、そんな系のやつ覚えられない

たまねぎ3

たまねぎ1
アモーレ・ナイト・ハロウィン

ハロウィンの曲に参加させていただきました。
Twilight Gradation
ピアプロからmarineさんとのコラボ


GUMIパートで参加させてもらってます。
GUMI使うの久しぶりでリンの調整みたいになってしまった感半端ないけどお気に召していただけたようでほっとした(ごめんなさいごめんなさい)

この楽曲のリンちゃんの調整はmarineさんによるものです。私はGUMIのみ。
森尾モリトと糞樽の道
黒魔2

黒魔1

黒魔道士でハ○ー・ポッ○ー風コーデ。

14の黒魔道士は同じキャスターの召喚士とは違い
純粋なアタッカー枠でした。
(召喚士はペットの使い方によっては他ロールの補助役などもできる器用貧乏)
近接と遠隔の違いはあるけどロール的にはリューサンとかモンクと同じ枠。

そして攻撃に炎と氷しか使わないという謎の徹底
(14の雷は継続ダメージ魔法なんやで…つまりポイズン枠です。)

イフリートにファイアとか普通です。

他のナンバリングでこんなことするとレジストされるか属性吸収で回復されそうですね!

立ち回りとかはググれば出てくるので省略します。
つづく
禁忌都市マハをウォークするー


マハ実装週はフォーラム荒れてたけど
慣れれば割と普通に周回可能です。

初見殺しなギミック(失敗した人が周りを巻き込んで半壊する系)が多いだけなので、失敗の原因がわかるようになれば回避可能と思います。

注意すべきはなぜ失敗したのかを理解しようとせずに無言でスタート地点に戻る奴ばかりだと詰むということ。

零式・極討滅との違いは内容さえ理解できれば予兆見てから十分回避可能な点です。
内容理解してても体が追いつかないので死ぬみたいな絶望的難易度ではないので初見の方もビビらずにチャレンジして、どうぞ。

つづく
太田裕哥さんの楽曲に参加させていただきました
6月新曲NEW!!

打ち込み系じゃないので人間風(あくまで”風”ですが)の歌いまわしを作るのが難しかったです。


4月楽曲

なんで4月に紹介してなかったのか謎。

楽曲プロデュースの太田裕哥(おおたゆうこ)さんはインディーズのシンガーソングライターでご自身の歌声も素敵ですよ!