森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
近況
最近のFF11は、モグガーデンと栽培とリフトシンダーのバザーチェックぐらいしかしてませんです。
LSリーダーだった某猫フレがXbox360を手放してFF14に移住してからというもの、FF11のLSは急速に過疎ってしまいました。(というのも、私のLSにはPS2ユーザーとXbox360ユーザーがけっこういたため)そういったメンバーが次々とFF11に見切りをつけて去っていきました。メインフレ達がインしてこないなら、そもそもコンテンツファインダー等もないFF11で遊ぶ理由もダウルダヴラ作ることくらいしかなくなるってもんです(何)週末も放置バザーしかいなかったりとか普通です。嗚呼。
サービス終了までにはダウルダヴラLv99するんだ…(遠い目)

今年でメジャーアップデート終了と宣告されて以来、Mortaをする人も激減したのでリフトシンダーの出品数自体が激減したから単価も倍近くまで跳ね上がっているし、最悪ですよ。

FF11の二大失敗はアビセアやワークスコールで戦わずに経験値を簡単に稼げる方法を確立してしまったために従来のメインコンテンツであった「レベル上げPT」が意味をなくしてしまったことと、ユーザーの反対を無視して「アイテムレベル制(笑)」を強行導入してしまったことではないかと思います。

「アイテムレベル制」はFF14のような「アーマリーシステム」とセットじゃないと成り立たないんですよ。FF14はキャラのベースレベルよりも装備に付加されたアイテムレベルの方が重要で、「武器が本体で土台のキャラはオマケ」といっても過言ではないんですよね。実際クラス・ジョブを決定付けるのが武器ですから。武器を装備していない状態というのがあのシステムでは作れないんですよ。(ゲームをスタートする時点で最初に選んだクラスの武器を装備していますし)。あと、スキル上げというものも無いのです。なによりも「いい装備」こそ全て。
FF11のシステムは武器よりもキャラのベースレベルと、キャラが持つスキルレベルの方が重要なので、いい装備を持っていてもスキルが上がっていないと攻撃がそもそも当たらなかったりといったことになります。戦闘システムの仕様そのものが11と14では違うので当然ですよね。素直にメリットポイント拡張するか、早い段階でジョブポイントを実装すればよかったと思いますね。

FF14は白魔道士がLv60に到達。巴術士がそれに続く感じです(ジョブクエは召喚士と学者両方進めています)が、ILが急速に上がったため(IL200とか…)ゲームバランスが大味になってる感じがします(アビセアショックに近いものを感じる)。HP/MPの上限が倍近くなってますが、FF14では消費MPが固定ではなく、Lv上昇に応じてアップするので、レベルが上がっても全然楽にならず(むしろ消費が50キャップ時の倍以上)頭がおかしくなって死ぬ。

レイズの消費MP2652って、つまり一人たりとも死ぬなってことですか。マジキチすぎだろw
つづく