森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒男。
映画ブラック・ジャックたんはぁはぁ


ブラック・ジャック」とは、日本漫画の神様 故・手塚治虫先生の漫画家生活30周年を記念して連載された、手塚キャラオールキャストのヒューマンコミックの題名です。TVシリーズも好調なので知らない人はいないかな。私は母が手塚ファンだった影響で単行本を読む機会が多かったのですが、中で「火の鳥」と「ブラック・ジャック」どちらが良いか決められません。どちらも命の尊さをテーマにした大作です。おすすめ。

手塚漫画のキャラ一人一人を「俳優」に見立て、他の漫画作品などにいろんな役で登場する、この手法は、後に「スターシステム」と呼ばれるようになりました。

この「スターシステム」、古くは、ディズニーアニメ(世界で一番有名なネズミスターのあの子とかは、作品ごとに色んな役回りを経験しますよね)などでも見られる手法であります。

初期短編の頃の井上雄彦 氏の漫画には色んな役回りで桜木花道や流川楓等のキャラが登場していたりします。これは手塚漫画の影響がちょこっと入ってるんじゃないかと思われます。


何がいいたいのかっていうと
手塚治虫先生は最強。

映画版BJ Dr.キリコのキャストが鹿賀丈史(アイアン・シェーフ!!のあの人)ってのはハマリ過ぎです。


AUTHOR:ネカ魔子
DATE:11/19/2005 10:33:47 AM
手塚漫画のスターといえば、ヒゲオヤジ先生とか…
あと、頭にロウソク立ててるのもそうかw

私が最初に読んだ手塚作品は「三つ目がとおる」だったよ。
(なので、ヒゲオヤジ=セコくてヘタレの印象が…)
つーか和登サン最高(;´Д`)'`ァ'`ァ
古代三つ目人の魂が、和登さんの身体を乗っ取る話があったが、あれはエロかった…
ホアカバリ・キルマの秘法だったかのぅ。

手塚治虫が好きなら、GBAの「鉄腕アトム」が良かったよ。
スーパー手塚大戦って感じだがナー。


AUTHOR:Feilong
DATE:11/21/2005 02:34 AM

アタマにろうそく立ててるひとは、共通名称が「ランプ」ていうんだったと思うですよ~、かなりあちこちに出てるですね。
あと頻出キャラが「ヒョウタンツギ」っての。
http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/c050/c050.html

JR京都駅ビルにある、手塚治虫ワールドhttp://www.tezuka.co.jp/ってとこでいろいろイベントやってます。ジモピィなあたしは月に一度は遊びにいってます。ここの売店で買ったヒョウタンツギがくっついてるボールペンを愛用してまして、スーツのムネぽっけに入れるとちょうど顔がでるデザインなのが憎いw

あたしは初めて読んだ作品が「ノーマン」でした。けっこうマイナーなものかもしれない。でもかなり深い味わいのあるいい作品です。あたし的にすごい好きなのは「火の鳥」。これは全作品が大好きですよ。なんか読んだあとに言葉ではいえないような不思議不可解な夢みちゃったりした、安眠できない作品かも。

昭和の未解決事件を扱った、ちょっと以上にえろい作風の「奇子(あやこ)」もオススメ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moriomorito.blog27.fc2.com/tb.php/123-cd79c9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。