森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
たまにはDTMっぽい話
職場のMacProのHDD終了のお知らせから4日目。
本日、無事データの取り出しとHDD交換、
OSの再セットアップできました。
データはどうやら無事のようです。
ゆっくりお騒がせしたよ!!!
ゆっくりしていってねwww

さて、私は本業デザイナーで、音楽とかさっぱりなのになんだか色々やっておりますが、

DTMの雑誌とか講読してません!!!

言ってやった!!!言ってやったよ!!!

VOCALOIDの調整ノウハウはほぼ独学です。
1.xエンジンのリファレンスサイト見るときは、
行き詰まったときくらいです。
ウチの子らは、大した技も使っていないのに
たいそう小気味良く喋る用に聴こえる、テラフリーダムなロボです。
アッー!!ごめんなさいごめんなさい叩かないでください

独学すぎたためか、一般の人が使っている技を良く知りません。
残念なことです。特にボーカルにかけるエフェクトは、
いつまでたっても上手くならん…ズコーのキワミ。

そんなわけで、DTMマガジン買って見ました。
雨損ではバックナンバーがダフ屋価格なので、出版社の公式サイトで。

書籍なんてどこで買っても値段変わらない。
7月号と8月号の2冊。
7月号が品薄らしい。
ちょろっとだけVOCALOID初代のページがある
本当にちょろっとだけど。
既に使っているユーザーから見て目新しいことが載ってなかった。
これから買おうと思ってる人にはいいのかもしれない。

初代のいいところはSingerEditorを改造しながら
VOCALOID立ち上げたままで歌声の合成結果が確認できるところだと思う。
2だと数値弄りながら鳴らせない。
初期設定じゃなく譜面上でグラフ弄ればいい話かもしれないが、
2のグラフエディタは数値入力じゃなくて
塗りつぶしフリーハンドだからヤル気が失せるのだ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moriomorito.blog27.fc2.com/tb.php/625-137cc690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック