森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KAITO向けな音符分割とか
KAITOは他のVOCALOIDシンガーに比べてポルタメントポジションが独特だ。
配置した音符から大幅にズレた位置で音程を変えてくることがある。
ズレて遅れた分は後ろに続く音の歌いだしに被るので結果的に飛ばし読みされたりする
参考:KAITOの早口言葉

同じ譜面でMEIKOなら難なく歌うのに
KAITOだとズコーな感じになったという経験はないだろうか?

例えばこんな譜面だ。
Forever Dreamsベタ打ち
MEIKOの場合はこの状態で問題なく正確に歌える

あきらめないよ たしかめたいよ どんなにとおくても ありったけのゆうきでー

[VOON] 基準_MEIKO

しかし同じものをKAITOに渡すと酷いことになる。

あきらめないよ たしかーめーたーいーよ どんなーにーとーおくーても
ありったけーのゆーきーーでーー


[VOON] ズコー_KAITO

お前ヤル気あるのか?って感じである。

彼らは表向きは日本語が読めるフリをして見せてくれているが、
実のところ音符の長さと発音記号しか読めない
人間が彼らにちゃんと読めるよう書いて見せないと、
その通りには読んでくれないんである。
彼らにも正しい歌詞が読めるようにコツコツ教えてあげよう。
場合によっては間違ったままにしておくのも面白いが。


これを回避してマトモに歌っているっぽくする方法は
短い子音+長い母音に分割する。
分割後


[VOON] 子音分割後_KAITO

それでも直らない場合は別のトラックに音符を配置して
音のつながりを切ってしまうことが手っ取り早い。
ただし前後の音のつながりの関係がなくなるのでつなぎ目が不自然になる場合がある。
状況に応じて使い分けよう
分断後


[VOON] 連続音分断_KAITO


もしくはPortamento Timingを前倒しにするなどの方法もある。
PORを揺らすことで「こぶし」や「しゃくり」のような表現が出来ることがある。



おまけ
音の前後のつながりをヌルヌルとスムーズにしたい場合は

特にKAITOは
「カ行orエ段」⇔「母音」「サ行orタ行」⇔「ラ行」の接続で
もたついたり飛ばしたりコケたりしやすい。
(例「してるー」 → 「しれるー」に聴こえる等)
シームレス

鼻濁音が美濁音に誤字っているのは許してくだしあ;;
ガ行の鼻濁音が美しく自然で扱いやすいのでおすすめである^^

歌詞の前後に母音追加して連続音のつなぎ目を埋めると綺麗につながる(飛ばし読み、ズコー防止にもなる)
この方法は他のVOCALOIDやUTAUのシンガーでも応用でき、
つなぎ目を埋めただけでもきちんと調教したっぽく聴こえる。

音のつなぎ方、コケ方のクセさえ覚えればKAITOの扱いはほぼ大丈夫ではないかと。
こちらで表情をコントロールしなくても勝手にアドリブで歌ってくれるはずである。
よくわからないがコケさえしなければベタ打ちに恐ろしく強いのだ。


参考用楽曲:Forever Dreams(R&T factory)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moriomorito.blog27.fc2.com/tb.php/838-46751efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。