森尾モリトの糞樽道(´ー`)2nd STAGE
Twilight Gradation
ピアプロからmarineさんとのコラボ


GUMIパートで参加させてもらってます。
GUMI使うの久しぶりでリンの調整みたいになってしまった感半端ないけどお気に召していただけたようでほっとした(ごめんなさいごめんなさい)

この楽曲のリンちゃんの調整はmarineさんによるものです。私はGUMIのみ。
太田裕哥さんの楽曲に参加させていただきました
6月新曲NEW!!

打ち込み系じゃないので人間風(あくまで”風”ですが)の歌いまわしを作るのが難しかったです。


4月楽曲

なんで4月に紹介してなかったのか謎。

楽曲プロデュースの太田裕哥(おおたゆうこ)さんはインディーズのシンガーソングライターでご自身の歌声も素敵ですよ!
EDEN -MEIKO V3 Straight / Dark-

月記どころじゃない感じになってまいりました。
生きてます。

長期間にわたって地味に調整かけていた
MEIKOV3版の「EDEN」が完成いたしました。

曲が神。歌詞が神。イラストが神。
調整は人並みですごめんなしあ;;

ルカバージョンから何年たってるんだって感じなのですがお許しください!!
【鏡音レンV4X】Forever Dreams


鏡音リン・レンV4Xが届いたので、過去にUTAUのリョーヤで制作したデータを引っ張り出して一から調整しなおしました。今回はE.V.E.C.とグロウルも使ってみましたが、どう違うのか分かりづらかったらごめんなさい。

ひとつ前の日記の音源より、ボイスカラー・ボイスリリース・グロウル・オープニングを一から調整しなおしました。

イラスト本当は足まで描いたんだけど意味なかったわ。
(足のマークのトレースめんどくさかったのに!)

旅立ちの合図 powered by ピアプロ
V4EditorでE.V.E.C.使うプラグイン更新されてた
きょん☆様マジ神です。ありがたく使わせてもらいます。
VOCALOID4 Editorで巡音ルカV4XのE.V.E.C.を使うjob Plugin

今回はE.V.E.C.使ってみたけど、どう違うのか分かる人いるかな。いないかな。


原曲はこちら
鏡音リン・レンV4Xがきた
巡音ルカV4Xが嫌いなわけじゃないんだが!!リン・レンを先にお迎えでごんす。



グロウルとかE.V.E.C.機能はまだつかってないけど、他ボカロからの読み込みVSQXもすらすら歌ってくれた。とても良い子。

V4Xの後にV2act1リン・レンバージョンあります。

そもそも初代鏡音V2act1も鼻声じゃなかったんだぜ。
鼻声になる原因はVOCALOID2の音声合成技術にあったんじゃないのか。
V3とV4では割と普通に歌ってくれます。

この曲がここまで双子にマッチするとは思ってなかったけど、
レンの音域って女声下ハモリパートが一番聴こえいいんだよな。

※そういえば、V3EditorにはV2インポートついてるけど、V4Editorにはついてないから気をつけなさいよね!!
将来的には廃止される予定だからマジで気をつけなさいよ!!
言うまでも無いけどpiaprostudioにもついてこないんだからね。

わかったらさっさとダウンロードしてきなさいよ。
ホント私がいないと何も出来ないんだから…///
VOCALOID2ライブラリインポートツール
【Sachiko】永久のクワイア2015

【Sachiko】永久のクワイア2015 powered by ピアプロ

リアル幸子様の得意音域より少し高いので若干苦しげである。
永久のクワイア2015


MEIKOおめでとう記念。
2008年制作の曲をMEIKOV3でエディットしなおしました。

思えば2008年の生誕祭でつくった曲だったんだった。
あれから早7年ですか。…そうでしたか。

当時かなり気合入れて調整したからV3に移行したところでクオリティが大して変わらなくて困惑しました。
元々のMEIKOV1がスペック以上の歌唱を披露してくれたので、どうやって「V3らしさ」を出そうかというのが課題になりました。
よかったら2008年版も併せて聴いてくれるとうちのMEIKOは喜びます。
たまにVOCALOID
8月の新作

Sachiko体験版が思いのほかすごい。
MMDはSachikoではなく敢えて黒スーツの「さちこ」を使用。


V4Editorの機能を試すつもりだったのに、いつのまにかV1のKAITOで書き出していた。
「まだ見ぬ」を「まだふぃぬ」と発音させるのは原曲歌手へのリスペクトだと思う。

7月の駄作

ファミコンのMOTHERのライブステージで流れる曲のボーカル入りのカバー。
明日への追い風



たまにはボカロ関係の日記も書かないといけないような気がして。
久々にレン使いました。
エンジンはV3ですが、このレンはV2 Act1のレンです。
V2エンジン時代は音量のばらつきやつなぎ方の不自然さが目立ちすぎてUTAU以下と揶揄されたりされなかったりしたレンですが、V3エンジンでは特に調整に気を使わなくても綺麗につながるようになりました。また、V3エンジンではベロシティによる子音の長さの調整がダイレクトに反映されるようになり、さらに自然な発音が可能になります。

鏡音Act1はV3との相性がよいと思います。

残念ながら、現在Act1はデッドストックか中古でしか入手できません。
今ではディアクティベーションツールがありますので中古を狙えるようになったのが救いでしょうか。



私の調整したレンは仲間内ではけっこう評判が良いんですが、個人的にはレンよりもリンのほうが得意なつもりなんです。

誰も信じてくれませんけどね!!!